私たちは、自然に優しい生活を応援します。

住宅ローンの借り換えについて

一度借りた住宅ローンは、借り換えすることが出来ます。目的は、支払い総額を少なくする、つまり月々の負担を少なくすることです。
この考え方は住宅ローンに限りませんが、なんと言っても住宅ローンとして借りている金額は大きいので、条件さえ良ければ借り換えを行うことで大きなメリット、つまり月々の支払いを大きく減らすことも可能なんです。


新しく住宅ローンを申し込んだときは、その金額の大きさと期間の長さにちょっと躊躇したと思いますが、新しい生活を夢見て思い切ってサインしたはずです。
その点、住宅ローンの借り換えはそんな勇気は全然必要ありません。
一度住宅ローンを借りると、なかなかローンの借り換えまで思いつかず、もうずっとそのままという人も多いかも知れません。


でも、例えば会社に勤めていると労金の回覧が回ってきて、住宅ローンの借り換えキャンペーンの文字を見掛けたりします。テレビのCMでもやっているかも知れません。
でも何となくそのままにしていたりするものです。何故かと言うと、その理由の一つに住宅ローン減税があると思います。


住宅ローンを借りている人なら知っていると思いますが、毎年年末の申請で、残っているローン総額の確か1%位の現金が戻ってくる仕組みです。住宅購入の促進策なんですね。
例えば3000万のローンだったら初年度は約30万、それから毎年減ってはいきますが、それでも20万以上が戻ってきますので、結構大きいことからそれで満足してしまうんですね。
それが10年間続きます。それにすっかり馴れてしまうと、10年終了後にハタと思うんです。来年からもう返金は無いんだと。これはちょっと困ったなと。


何とか挽回策はないのかなとその時に考えるんです。普通は挽回策など無いと思うのですが、それがあるんです。住宅ローンの借り換えです。
新しく借りて、今のローンを全部返すということで、面倒な気もします。実際かなりの手間と時間が掛かりますが、住宅ローン減税が終わった今、それしか方法はありません。
ただ問題もあります。借り換えで本当にメリットがあるかということです。これは単純に借りた当時と今のローン金利差の話になります。
借り換えには費用が掛かります。例えば数10万とかです。それを考えても尚且つメリットがなければ借り換える意味がありません。
そこで、住宅ローン借り換えメリットの有無を簡単に計算してみる方法がありますので、試してみましょう。

借り替えメリット = 残りの借り入れ金額 × 新しい借り先との金利差 × 残りの借り入れ期間 ÷ 2 です。
例えば、残りの借り入れ金額:2,500万、新しい借り先との金利差:0.5%、残りの借り入れ期間:20年だとしますと、
2,500万?0.5%?20年/2=125万。これは概算ですので実際には多少の違いはあると思いますが、借り換え手続きが発生しても毎月5,000円程度の軽減が期待出来ますのでアリです。
更に金利差の大きいところから借りられるとするとその差は更に大きくなります。私の知り合いの場合ですが、住宅ローンの借り換えで月々2万、ボーナス時10万もの低減が実現したと喜んでいました。
これだけ違うともう実行しかありませんね。


ただその手続は結構大変で、幸い土日も受け付けている金融機関からの借り換えでしたので、平日休みは不要でしたが、それでも何回も通う必要はあり、借り元の銀行にも行って、手順を確認しながら1ヶ月位は掛かったようです。


でもそれくらいの価値は十分にあったと思います。
このような大きな手続きはなかなか面倒そうで最初の一歩を踏み出すのに切っ掛けが必要ですが、今はインターネット上で借り換えシミュレーションが簡単に出来る時代です。
ちょっと試しにシミュレーションしてみることをお勧めします。行動がお金に変わります。余計なお金を今後何十年も支払い続けることを避ける事が出来るんです。
住宅ローンは地方銀行や大手銀行で借りるのが良心的でよいと思います。とくに三井住友銀行は私も長年お世話になっています→三井住友銀行カードローンの審査に落ちないための条件とは?

Copyright(C) 不動産の色々※住宅ローンの仕組みやお得な物件の探し方を大公開! All Rights Reserved.