私たちは、自然に優しい生活を応援します。

投資型マンションのメリット・デメリット

会社の持株会には入っていますが、それ以外の投資などしたこともない人にとって、マンションへの投資なんて全く考えられないことです。


第一、マンションを買うということだけでも一生に一度あるかないかと思っていますので、投資のためにマンションを買うなんて、自分の中では宇宙旅行に行くのと同じ位の夢物語に思えます。
でも世の中、不動産やマンションを投資のために購入する人は決して少なくはありません。実際、私の知り合いにも定年後を見据えてアパート経営を始めた人もいます。


住宅街その人はもともと銀行員で融資の仕事をしていますので、その辺には詳しく身近な話なので余り抵抗もなく始められたんじゃないかなと想像はしています。勿論貯金もしていたのでしょう。
ただ正直な話かどうかは分かりませんが、中々大変で儲からないと言いながら既に数件のアパートやマンションを購入しているようですので、実際は結構いけるのかもしれません。
人生、計画性が必要なのもしれません。


それで今更という訳ではありませんが、マンション投資の話を少し調べてみました。誰でも出来る話では無いかもしれませんが、これからの人生設計を考えている人のちょっとでも参考になればと思います。
基本的に、どれ位の資金でどれ位のマンション経営が出来るのでしょうか。簡単に出来ることではないと思いますので、まずは一般的なところから確認しておきましょう。


改めて確認すると、投資型マンションというのはマンションの一室を購入して自分でローンを払いますが、それを人に貸すことで家賃収入を得て、ローン返済を補い更に利益を出す、と言うものです。
実は新築のワンルームマンションに限ると、自己資金はほとんどいらないと言われています。年収400万自己資金100万でも十分に始められるようです。


新築だと一番問題となる空き室リスクが少ないので、マンションのローン返済は家賃収入で可能です。
ローンが終わればそのマンションは自分のものになりますので、あとは家賃が大きな収入となります。仮に30歳でマンションを購入したとすると、定年退職後には家賃収入が年金では足りない分を補ってくれることになります。まずはこれが基本ストーリーです。

更に、ローンを組む時に団体信用生命保険に加入しますので、もし万一の事があっても家族や親族にローンは残らず、ローンのない物件がまるまる手に入ることになります。
これはある意味、生命保険よりもずっとお金になります。


残された家族や親族は、マンションを売れば相当なお金が手に入りますし、そのまま住むのであれば当然家賃は掛かりません。残りの部屋を人に貸せば、1部屋あたり10万円程度の収入が毎月入ってくるのです。
どうですか、これだけ聞けば、マンション経営つまり投資型マンションの購入にはうまくやれば非常に大きなメリットがあるのです。


そしてデメリットも当然あります。うまい話ばかりではありません。
当然ですが、新築マンションでは大きな額のローンを組むことになりますので失敗すると大きな損失、と云いますが借金だけが残ることになります。

私の知人はそれで失敗して借金地獄になったそうです。 最初の内は順調だったのでセレブな生活をしていたそうです。毎日エステに行って、美容整形でボトックスしたりしていたとか。でも長くは続かなかったみたいです。 債務整理をして何とか借金は返済できたみたいですが、失敗すると結構リスクは大きいみたいですね 。 今では美容整形もし終わって、最近会ったのですが一回り目が大きくなっていました。知人いわく、カラコンを入れると外国人みたいな目になれると言っていました。 知人が教えてくれたサイト→美容バカの激安カラコン通販比較サイト!【度あり・度なし】


ローン額を少なくしたいと中古マンションを購入するという手もありますが、空き室リスクは大きくなりますし、リフォーム費用も掛かります。


安い中古マンションは安いだけの理由がありますので、そこはよく実情を研究する必要があるのです。
リスクを避けたいなら投資型マンション購入など止めたほうがいいでしょう。


でも将来を考えたら、何もしない(リスクを負わない)ということは決していい方法ではありません。
定年後のことを考えると、安定した収入を得る方法としての投資型マンション購入は株式や信託投資、宝くじなどに比べると身近な分ある程度実情が分かりますので失敗する可能性は低いと言えるでしょう。
私の知り合いの例でも、最初の一部屋から始めて、様子を見ながら経験を重ねながら部屋数を増やしている人もいます。


意外と敷居は低いのかも知れません。最初の一歩を踏み出すかどうか、それが人生プランの一つの判断ですね。

お金のことで心配し始めるとキリがありません。。そんな時は『お金を借りる』というのも1つの手段ですね。返済プランだけしっかり立てれば大丈夫だと思います。詳しくはコチラのサイトで確認してみてください。→http://xn--ok-kh4anb3c4a3ul852auywa.com/

Copyright(C) 不動産の色々※住宅ローンの仕組みやお得な物件の探し方を大公開! All Rights Reserved.